Nako's WELCOME TO JAPAN

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit
   

My Diary

A Week Passed since then あれから1週間が過ぎ...

 
16653047_m.jpg
More than one week has passed since the devastating earthquake and tsunami on March 11.
3月11日の壊滅的な地震と津波から1週間以上が経過しました。

But it remains unclear when the victims will be able to start rebuilding their lives, raising fears that their temporary stay at shelters may be prolonged.
でもいつ生活の建て直しに着手できるかは以前不透明な状況です。とりあえずは退避している避難所での生活が長引くようで皆、憂いています。

That's because there is the critical fact that where future of the Fukushima Daiich nuclear power plant is going, which is also one of factors to keep away from villages or cities they lived.
というのも、福島原発今後の行方がどうなのかという危機的な事実があるからです。それもまた住んでいた村や町に戻れない要因のひとつとなっています。

I'm now deeply hurt by the full horror of what is unfolding in the devastated sites.
被災地で次々と明らかになって来る驚愕の出来事に深く心が痛みます。

I'd like to offer my sincerest condolences to those who have lost loved ones in this event.
今回のことで、愛する大事な方々をなくされた人々に心からのお悔やみを申し上げます。

You know, Osaka located in western Japan is mostly the area of usual my business activity and inhabited by me.
僕は西日本に位置するこの大阪が通常ほぼ営業活動の場であり、居住している都市でもあります。

Therefore currently we don't have any inconvenient matter without some problems, let's say, no battery in the shop.
ですから、お店の電池が売り切れて手に入らない等の事柄以外は、現在のところ僕らはなにも不自由なことがありません。

I heard of current situation of Tokyo that there is almost no groceries, things like toilet paper and essential goods to buy anywhere.
聞くところによると、東京では食材やトイレットペーパー等の必需品がほとんど売り切れでどこでも手に入らないそうです。

I also do think, following commentators' terms on TV, the most important thing we can do for the people suffering from shortage of everything they need is "to keep usual life."
テレビのコメンテーターがおっしゃるように、必需品の不足に苦しんでいる人々のために私たちが出来る最も大切なことは通常の生活を維持することだと僕も強く思います。
スポンサーサイト



   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。