Nako's WELCOME TO JAPAN

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit
   

Curious Question - Japan

Question on Japan No. 6: すみません Sorry

 
55.jpg さてここで、日本にお住みの皆様はすでによくご存知の、日本人について最も有名な質問のひとつ。なぜ日本人は感謝の念を表すときでさえ、「すみません」というのですか?
Here is one of the most famous questions about the Japanese that, I think, everyone living in Japan is already familiar with: Why do Japanese people say "I am sorry" even when they express their gratitude.

「すみません」はお詫びの気持ちを表す言葉であるだけでなく、感謝を表す言葉でもあるのです。
Actually, the Japanese word “sumimasen” (sorry) is not the only word to show the sense of apology but also our appreciation.

感謝の念を示そうとするとき、私たちはいくつかの気持ちを持つようです。そして、それは日本人としての気質から来ているようです。
When we would try to show gratitude, we might have some other feelings because of our nature as Japanese.

その時、私たちは次のような気持ちを持つのかもしれません。
At that time, we may have the following state of mind.


「あなたを煩わせて申し訳ない」
“I am sorry to have troubled you.”

「私の手助けの為に、あなたの時間を無駄にしてしまいました。」
“I wasted your time to help me.”

「あなたに気を使わせて申し訳ありませんでした。」
“I made you care of me with something.”

そういう訳で、一説によれば、自然と“すみません”が出るということです。
Then, according to one explanation, we unexpectedly say “sorry”.

他人に自分のせいで負担を与えること、それは日本人が最も避けたいと思うことだといわれています。
They say, to burden on others for the sake of us is the last thing we will do.


読んでくださってありがとう。
(^_-)-☆ Thank you for your reading.
Nako
スポンサーサイト



   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。