Nako's WELCOME TO JAPAN

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit
   

Japan-specific Topic

Japan-specific Topic No. 10: 日本の若者の意識 Japanese Young People

 
日本の若い世代間による色彩感覚に関する調査の記事を読みました。
I read an article today: Survey on color senses among the younger generations of Jananese youth.

そのなかで、日本の現状を色で表現する時、彼らは黒を選びました。
In which, describing a Japan's current situation with a color, they chose black.

記事によれば、彼らにとってその色は不景気と社会不安を表しているとのことです。
For them, the color represented the economic recession and social instability, the article said.

そして、自分自身を色でたとえるとしたら、ほとんどの若者が白を指しました。
Then, when asked to chose a color for themselves, white was the most popular.

どうやらその色は、彼らの未来の可能性を思わせたようです。
It seems that that color was associated their future potentials with.

最初この記事を読んだとき、日本の未来もさほど暗くはないかもしれないと思いました。
When I first saw this article, I thought this country's future might not be much in the dark.

僕は悲観論者ではありませんが、ただ、この日本の現状は確かに憂慮すべき事態です。
I am not a pessimist but Japan's current state is certainly a matters of concern.

そうは言っても、いつまでも嘆いてばかりはいられません。
That said, we can't stay deeply concerned all the time.


今日の僕のブログからですが、一番好きな名言のひとつです。
Here is one of my favorite words of wisdom out of my blog entry today.

"Feeling sorry for yourself, and your present condition, is not only a waste of energy but the worst habit you could possibly have."
Dale Carnegie

「あなた自身とあなたの現状を哀れに思うことは、単にエネルギーの無駄遣いだというだけではなく、人間が持ちうる最悪の習慣である。」
デール・カーネギー


現在の日本に関するこの話題は、明日の日記へ続きます。
This current Japan-related topic is to be continued into tomorrow's journal.



Today's Proverb in My Blog
http://junichikawagoe.blog109.fc2.com/blog-category-0.html
スポンサーサイト



   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。