Nako's WELCOME TO JAPAN

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit
   

Japan-specific Topic

Japan-specific Topic No. 1: 現在の本当の日本

 
2a.gifToday, I was left surprised when I encountered an article published by the New York Times...

Have you Japanese and people from other countries been aware of the serious state of affairs in our country Japan?
Below is the story quoted from the news.


Japan Tries to Face Up to Growing Poverty Problem

Satomi Sato, a 51-year-old widow, knew she had it tough, raising a teenage daughter on the less than $17,000 a year she earned from two jobs. Still, she was surprised last autumn when the government announced for the first time an official poverty line ─ and she was below it.

After years of economic stagnation and widening income disparities, this once proudly egalitarian nation is belatedly waking up to the fact that it has a large and growing number of poor people. The Labor Ministry’s disclosure in October that almost one in six Japanese, or 20 million people, lived in poverty in 2007 stunned the nation and ignited a debate over possible remedies that has raged ever since.

But perhaps just as surprising was the government’s admission that it had been keeping poverty statistics secretly since 1998 while denying there was a problem, despite occasional anecdotal evidence to the contrary. That ended when a left-leaning government led by Prime Minister Yukio Hatoyama replaced the long-governing Liberal Democratic Party last summer with a pledge to force Japan’s legendarily secretive bureaucrats to be more open, particularly about social problems, government officials and poverty experts said.
-The rest is omitted -

http://www.nytimes.com/2010/04/22/world/asia/22poverty.html


貧困の拡大に直面する日本

51歳の未亡人であるサトウ・サトミさんに、生活が厳しいという実感はあった。
十代の娘を育てるための年収は1万7千ドル足らずで、2つの仕事から得ている。それでも昨秋、驚いた。政府が初めて公的な貧困線を発表すると、自分はそれを下回っていた。

数年に及ぶ経済の停滞と所得格差の拡大を経て、かつて平等主義を誇った国で遅まきながら気づかれるようになったことがある。膨れ上がる貧困者の存在についてだ。厚労省の10月の発表によれば、ほぼ6人に1人の、あるいは2千万人の日本人が2007年に貧困状態で暮らしていた。この事実に国内は愕然とし、以来、救済の可能性についての議論が沸き上がった。

だが、恐らくそれにもまして驚いたのは政府の告白だ。政府は1998年以来、貧困統計を隠し続けていた。そんな問題はないとして、それに反する事例証拠が出てきても目をつぶってきた。こうした態度が改まったのは、鳩山由紀夫首相が率いる左寄りの政権が昨夏、長期支配を続けた自由民主党の座を奪い、その秘密主義が語り草になった官僚体制をより開かれたものに変え、社会問題についても明らかにしていくと公約したからだ。政府高官と貧困の専門家はそう語った。
以下省略。

You know?
Today, the first half of the second-stage finished screening budget requests for 447 public works projects in the government's record-high ?95 trillion budget for fiscal 2010.

I have to say...
some government bureaucrats and officials dispatched from administrative institutions have gotten greedily huge annual salaries worth about 20,000,000 yen and other privileges, and been keen to hide the fact over residents who have been suffered as I showed the article above.

Now, it seems that the once powerful economic nation of Japan fell to suicide...
Sad, but true...
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/suicide04/2.html

戦争中の自殺者数が、すごく減少しているのに、とても驚かされました。
戦争中の苦難よりも、今の苦難のほうが苦しいということでしょうか。。。
Nako



参考に: 自殺死亡の年次推移

 自殺死亡数の年次推移

 自殺死亡数の年次推移をみると、明治32年の5,932人から昭和11年の15,423人までは増加傾向を示しているが、昭和12年から戦時中まで減少傾向となっている。
 戦後は、再び増加傾向となるが、戦前と異なり、増減を繰り返し、過去2回の高い山があり最近も1つの山を形成している。1番目の山は毎年2万人を超えた 昭和29年~35年であり、2番目の山は毎年2万3千人を超えた昭和58~62年である。最近の山は3万人前後で推移している。

スポンサーサイト



   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。