Nako's WELCOME TO JAPAN

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit
   

Curious Question - Japan

Mixture of Gods: Strange Sense Most Japanese May Have

 
7929535_m.jpg
Especially for foreigners...
特に外人の方々にとって...

Have you ever been curious about how many gods the Japanese have or what is the majority religion in Japan?
こんな変な感じを持ったことはないでしょうか?一体日本人には何人の神様がいるのだろう。または、多数派の宗教は何なんだろう。

Here are examples.
例えば...

Most Japanese also love Christmas and celebrate it, but a week later dring the new year we visit a Shinto shrine to wish for our health and happiness.
多くの日本人もクリスマスが大好きですし祝います。でも、一週間後の正月には神道である神社へ健康と幸せを祈願するために初詣をします。

That said, a funeral ceremony is mainly conducted in a temple which is, needless to say, Buddhism.
そうは言っても、主にお葬式は言うまでもなく仏教であるお寺で執り行われます。

On the other hand, as a recent trend, younger generations are fond of getting married in church, even if they have a Shinto altar or a Buddhist one in their house.
一方で最近のトレンドとして、若い世代は家に神棚または仏壇を祭っていても協会での結婚式を好みます。

If asked what their religions are, most Japanese people will state that they are not religious.
日本人はよく宗教について聞かれると、「自分は無宗教です。」と答えることが多いそうです。

All in all, there seems to be three religions in Japan which are Shinto, Buddhism and Christianity, however we might not be religious enough.
大体において、日本には「神道」「仏教」「キリスト教」の三つがありますが、信仰心が薄いのかもしれません。

I wonder if I should say that it is a common mystery for many foreigners.
多くの外人さんたちにとって共通のミステリーだと言うべきでしょうか。

Or are these behaviors usual in your country?
それとも皆さんの国でもよくある光景なのでしょうか。
スポンサーサイト



   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。