Nako's WELCOME TO JAPAN

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit
   

My Diary

Nice Quote for Foreign Language Learner 外国語をマスターする強い味方!

 
13066040_m.jpg
Hi, mates! What's new today?
皆さんこんばんわ。いかがお過ごしですか。

Here in Japan, this winter's first ice floes, floating out from the Sea of Okhotsk, were spotted today off the shore of Hokkaido, the northernmost of Japan's main islands!
日本では今日、北海道でオホーツク海からこの冬初となる流氷が確認されました。

By a curious coincidence, today is Daikan according to the Japanese calendar; it's the day that the cold is most severe during the year, but you could also say that Spring is just coming around the corner ^^
奇しくも暦の上で今日は大寒です。大寒というのは一年で一番寒さが厳しいとされている日のことです。でもそれはまた、春がすぐそこまで来ているということでもあります ^^

It's a gooood omen!!!
いい兆しなのです!

Daikan on Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Dahan_(solar_term)

Speaking of spring, there is a foreign proverb I always carry in my mind.
春と言えば、僕がいつも心にしまっている大好きな外国のことわざがあります。

I wonder if everyone has heard the following quote: "April showers bring May flowers."
「April showers bring May flowers」、聞いたことあるでしょうか。

I think a valid interpretation of this would be "The rain in April is necessary because it makes the flowers bloom in May."
四月の雨は5月に咲かせる花のために不可欠なものだ、というような感じで解釈していいかと思います。

Or more philosophically, without the rain or the hard times, the good times would not be possible.
さらにはもっと哲学的に、雨が振らなければ、つまり苦しい期間がなければ、何事も成就できないということでしょうか。

The fact that I'm bringing up this saying now, just as the new year begins, is pretty brilliant, don't ya think?
でも、まだほとんど今年が始まったばかりの今この時期に、このことわざを持ち出したのは我ながらなかなかナイスだったのでは (=^_^=)

Sometimes, we put a lot of energy into studying foreign languages, but we don't really seem to make any progress...and this state of mind makes us feel discouraged easily.
私たちは時に、相当なエネルギーを言語習得に注ぎ込み、でも一向に進歩していないという思いにかられいともたやすく落ち込んでしまいます。

Then suddenly, we realize we can understand something we couldn't understand before, or we can communicate with someone much better than we expected to.
そうしているとき突然、以前理解できなかったことが理解出来、自分が考えていた以上に異国の人と話をしている自分に気づく...といいます。

I think this is like the flowers blooming in May after a persistent rain.
これこそが「しつこく降り続いた雨の後に咲く五月の花」なんだと思います。

I believe, even when it doesn't feel like our language ability is improving appreciably, beautiful flowers are waiting for the day they will bloom (*´∇`*)
たとえどんなに自分の言語力が伸びていないように思えても、美しい花が僕らのために咲く日をずっと待っているんだと信じています。

I learned this from an English text book some time ago, and it is just the proverb to encourage those of us who are struggling to acquire good foreign language skills.
以前、英語の教科書から学んだ言葉ですが、母国語以外の言語を身につけようと必死にもがき苦しんでいる私たちにとって、これはまさに勇気を与えてくれることわざです。

Whenever I had felt that things were getting too much for me, I always remembered this proverb and pressed on!
僕はいっぱいいっぱいになって立ち止まってしまった時、いつもこの言葉を思い起し、また歩いてきました。

Hey, let's roll up our sleeves (。≧ω≦)ノ
いっしょにがんばろうねぇ~♪♪

Thank you for reading, Minasan ^^
Nako


PS.
Today's picture illustrates one famous Japanese proverb: even the cleverest man sometimes makes a mistake.
本日のイラストは、日本の有名なことわざ「弘法も筆の誤り」です^^
スポンサーサイト



   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。